×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第二章 雷功(休戦簿)+クノ一(分身)
                         説明
とにかく、ヤニ無し、即殺系の技なしの私のPTでは大マップでシャオリンを狩るには分身をだして壁にしていかなければ死にます。(小マップなら氷壁篭りで・・・) ただ、今までの問題点としては分身を出している間(MP補給+キーボードクリック)に敵の接近を許しメイン火力がやられてしまうこともしばしば(とにかくシャオリン戦は忙しい)そこで、道士二次の休戦で敵の動きを封じている間にクノでワラワラ戦法を使うことによりさらに安定して大マップでも勝利しようという戦術です。
分身が長老やシャオ本体の攻撃で減ってきたら・・・・。再び
「スタープ○チナ  ザ・○ールド 時は止まる」

「そして、時は動き出す」

敵の動きを封じた後はクノを適度に出して、火筒もセットし敵を迎え撃つ体勢を整えよう。

「スタープ○チナ  ザ・○ールド 時は止まる」

再び時間を止めて減った分身を、補給しよう。 火筒が攻撃中でも、分身を1セット召還できる時間くらいの間は確保できます。
「そして、時は動き出す」(もう、ウザイよ
そんなこんなでクノで足止めしている間に痛めつけたシャオリンが邪念になってもPTに突進してくる様なら、まあ後はガチで何とかしましょう。 私のPTの場合には戦風を連射ですね。