×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シャオリンの庭園ストーリー解説
さて、巨商伝には一応、薄っぺらいストーリー(物語)が存在するクエストがある。ゲームをする上では、そんなの気にも留めないと思いますが。実は、これがまた意外と面白かったりするものです。 とりあえず、シャオリンの庭園任務で繰り広げられるストーリーをここにまとめておきますので巨商伝を120%楽しみたい方は是非ストーリーを追って行ってみよう。
登場人物紹介
グジモ一族に占拠された屋敷の調査の為に朝廷から送られてきたちょっと偉い人。
同行していた弟が行方不明になり心配している。
43歳・妻・子供あり

ユヒョン

ハベク

グジモ一族に占拠された屋敷の調査の為に朝廷から送られてきた人
蜘蛛の姿をしているが実は、ユヒョンの弟。
グジモ一族に捕らえられて改造人間にされてしまう。
30歳・現在無職・童貞

ホンラン

シャオリン達により一家皆殺しにされた上に家まで奪われ、唯一生き残った屋敷の娘。
シャオリンに復讐しようと、名立たる商人に手紙(伝書)を送りまくっている。
ネタバレ:この人は既に死んでいる ←反転してみよう
18歳・送った手紙の総数は、7859枚

ドッコタ

グジモ一族の青年で、シャオリンの許婚(いいなずけ)
朝廷の命令で呪術の研究を行っており、最強の呪術を習得するまでに至ったが、朝廷にあらぬ疑いを掛けられて処刑され、一族は迫害を受ける。
享年23歳

シャオリン

グジモ一族の少女で、ドッコタの許婚(いいなずけ)
ドッコタと共に呪術の研究を行っていた。
ドッコタ処刑後、朝廷へ復讐するために自ら呪いを掛けて不老不死の鬼になりホンラン一家を惨殺し、屋敷を占領する。
17歳(実年齢は1000歳程)・実はツンデレである。
さて、登場人物紹介でストーリーが物凄く理解出来たと思います。最後に、キャラ相関図を作ってまとめましたのでそちらもご覧ください。

シャオリンの庭園相関図(相関図ジェネレーターより)

なんか色々と、カオスですが。実は、この様なドロドロとしたストーリーが展開されています。